デリケートな悩みを解決|目もとの乾燥を緩和するアイクリームがアンチエイジングの秘訣

目もとの乾燥を緩和するアイクリームがアンチエイジングの秘訣

婦人

デリケートな悩みを解決

レディ

皮脂の過剰な分泌

ニキビというと思春期など若い時にしか起こらないと思われがちですが、大人でもニキビになる人は多いです。ニキビは皮脂の過剰な分泌によって毛穴が詰まり、そこに菌が繁殖する事で起きます。お尻にできるニキビも仕組みは同じです。皮脂は外部の刺激から肌を守る為にあります。そのため、完全になくなってしまうとかえって肌にダメージを与えてしまいます。お尻のニキビを治すためにはニキビ用の薬をつけるだけではなく、皮脂の過剰な分泌を抑えることも大切です。お尻は下着やズボンなどで常に覆われています。特に冬になると保温性のあるスパッツやレギンスを履く人も増えてきます。長時間蒸れた状態が続いてしまうとニキビができる原因になってしまいます。蒸れを防ぐためにも長時間座ったままでいるのは控えるようにしましょう。

保湿が大事

お尻にニキビができた場合、早めに殺菌効果の強い薬を塗るようにしましょう。お尻の皮膚は厚くできていますが、潤いが不足しやすく乾燥しがちです。特にお尻ニキビができやすい人は、肌のターンオーバーが乱れている可能性があります。ターンオーバーが乱れていると乾燥しやすく、菌が繁殖しやすい状態になっています。正常な状態にするためには保湿性の高いクリームを塗るようにしましょう。お風呂でお尻を洗う時にも注意が必要です。固いスポンジなどでゴシゴシとこすってしまうと、乾燥しやすい肌になるだけではなく、皮脂の過剰な分泌を促してしまうことになります。泡をしっかり立てて、両手で優しくマッサージするようにして洗いましょう。お風呂上がりにニキビ用の薬をつけたらすぐに下着をはかず、薬が乾くまで30分は待つようにしてください。こうすることで薬を肌の奥深くに浸透させることができます。